1. ホーム
  2. キャッシング
  3. ≫キャッシングとカードローンの違いとは?わかりやすい解説まとめ

キャッシングとカードローンの違いとは?わかりやすい解説まとめ

キャッシングとカードローンを同じ意味だと思っている方が多いと思いますが、この二つは違う意味になります。
お金を借りるという点では一緒になりますが、返済の仕方が少し変わっているのです。
キャッシングは一括で返済するのですが、カードローンは分割払いになるといった違いがあるのです。
基本的な利用の仕方はキャッシングもカードローンも違いがありません。
返済方法としてキャッシングは翌月での一括払いが基本的になっており、返済日に利息分を足して返すという風になっています。
ですから、今手元にお金がなくても来月にまとまったお金が入る算段があったり、給料が入る予定があったりする時に利用しやすいのです。
返済時も一括で返済しますので一度に支払う金額は大きくなりますが、その分だけ計画が立てやすく、利息の計算もやりやすいので、いつまででも借りたお金ほ返さないままで利息だけが増えていくということもないのです。
一方のカードローンは分割払いになりますので、一度に全額を返済しませんから月々の返済額が小さくなり負担が少ないです。
その代りに月々の利息が発生し、その上からまたカードローン等を利用すれば返済額も増加してしまうといった悪循環な目もあります。
長期的な計画を立てられればしんどくはないですが、借り入れ額が大きくなると負担が大きくなり、分割払いのメリットが無くなるので注意が必要です。
借りる金額が同じだとしても返済の方法が違うとメリットとデメリットが変わってきますのでよく考えて利用した方が良いでしょう。
もちろん利息分によって返済額はかわりますが、いつ収入があるかどうか、返済計画が立てられるかどうかによっても、キャッシングかカードローンかのどちらを利用するかは変わってくるはずです。
どちらの方法がオススメかは自分の利用次第になりますので、使い分けることができれば便利に利用できます。
どちらともメリットとデメリットもありますから上手く使いこなすと良いでしょう。